2020年5月26日

オンラインヨガと自粛生活

緊急事態宣言が解除された。
宣言前から早めにスタジオを閉めたので、4月3日から約2ヶ月弱のオンラインのみのヨガクラスだった。

オンラインヨガの良いところは、遠方の人も参加できること。
海外はアメリカ、ドイツ、オーストラリアから、国内も以前浜松にいて遠くに引っ越した方や遠方の友人達も多く参加してくれた。
いつもクラスに来てくれている方も気楽に参加しやすかったと思う。
夜遅くのクラスでも終わってすぐ寝られるのは良い。
私自身も片道30分の移動がないのはすごく助かった。

クラスが無料だったので(ドネーションしてくれた方、ありがとうございました!)気軽に参加しやすいというのもあったかな。
座学なんかは意外な人が参加してくれたりして、いろんな意見が出たのは面白かった。

オンラインでのクラスは他にも良い面があって、周りを気にせず自分のペースでやりやすいということ。
私は近くに置いたパソコンでみんなの様子を見ながらやっているんだけど、結構途中でのんびりしている人もいる。
「家だと途中でサボっちゃうんです」と言う人もいたけど、それはそれで無理しすぎずできて良いと思う。
あまりにもサボっていたら、こっちから見えてるよアピールするんで(笑)

逆に、どんどん暴走していく人もいる。
細かい意識はどっかに飛んでて指示の声を聞かずにどんどん先にいっちゃうっていう・・・。
オンラインだとスタジオよりもそれが加速する。

あとは常に画面を見ないと不安な人もいるようだ。
自分の姿を画面で見るのが辛いって人もいたりして。。
そんな自分を知って、客観的に自分を捉えられる機会になると良いけれど、スタジオクラスでクラス最初に話していたような「ヒント」を話す時間を取るのはオンラインだとなかなか難しい。

スタジオだと私はガイドをしながらポーズをあまり取らないタイプ。
オンラインだとポーズを取らないとわからない人もいるので、私もほぼ全て一緒にやる。
(その割にはヨガやった感がなくて、自分の練習は別でやるという効率?の悪さ)
なのでみんなの様子をそこまで細かく見られない。
カメラの角度で見えないことも多い。
みんなも細かいところは見にくいだろうし、声でのガイドだけだと難しいこともある。
それでもZoomは有り難くて、You Tubeのように一方的ではないのが良いという意見をよくもらった。

実際に同じ空間でやるヨガは、お互いの息づかいだったりその場の空気感だったりで、「あ、ここはうまくいってない」とか「これは受け取ってる」っていうのがわかりやすい。
たとえその場でそれを口に出さなくても、様子がわかるとじゃあ次これやろうと組み立てやすい。
「1%の理論、99%の実践」と言われるように、積み重ねの中で感じていくのが大事で、それをするためにも空間を共有することは意味がある。
ヨガが伝統的に師から弟子へと直接伝えられてきたことが分かる気がした。

とはいえ全ては各々次第なのだけれど。

オンラインヨガでの私のツボ。
縦方向にカメラを置いている人はチャトランガーアップドックの流れで、一瞬消えてからモグラのように顔がぴょこっと出てくるとこ。
みんなすごく可愛いくて、ほっこりする。

試行錯誤が少し落ち着いてきた頃に、今度はスタジオ再開でスタジオクラスのライブ配信という新たなチャレンジ。
スタジオでみんなと会うのも楽しみだけど、コロナ対応もどうやっていくかという課題も。
工夫しながら、楽しみながら、次の1歩へ。


ところで、自粛生活。
本をたくさん読もうという最初の予定は全然実行されず。。。
物作りが多かった。
あとは甥っ子姪っ子の勉強マル付けとか、意外に忙しかった〜。


 姪っ子と藍染め

マスク作りも10枚を超えるとどんどん早くなる

蜜蝋でエコラップ製作

甥っ子姪っ子と生チョコ作り

久しぶりに映画鑑賞 インド満喫「ナーガ、永遠のヨギ」

実家で流しそうめん
竹がなかったので筒は紙コップや牛乳パックで製作

姪っ子と犬と水遊び

陶芸で変革の女神カーリーを作った


2020年4月6日

カーリー女神の寺院 ターラピッタへ * 2020インド

バクレシュワから車で数時間、ターラピッタへ行った。
殺戮の女神カーリーの色は赤。
私達3人は上から下まで赤い服を着て出かけた。
ここに来ているインド人達も思いっきりオシャレして来ている。
家族そろっての真っ赤や足まで赤い粉で染めている人も。

この世の中、コネとお金がモノを言う。
バクレシュワに住む友達の知り合いというターラピッタの僧侶に賄賂(?)を渡し、裏口からショートカットでお寺に入った。

裏から入って僧侶に呼ばれるのを待つ

表の入り口、本当はここから入っていく

上の廊下には女神に会うための長蛇の列

女神のいる建物まで列は続く

裏門から入って、奥の建物に入るまで少し待った。
その間に列に並ぶインド人達を観察。
女神に捧げるヤギを連れてくる人も何人かいた。
いまだにこういう風習が残っているっていうのが、日本の感覚からすると信じられない。

気持ち良さそうに昼寝のおじさん

そしていよいよカーリー女神にご対面するべく建物の中に入る。
本当ならカーリーの像に触れられないくらい人がぎゅうぎゅう詰めになるらしいんだけど、そこは裏口組、まあまあ余裕がある。
そして「なんと、特別にカーリーとハグできるってよ!」と言われた。
ハグ?どうやって?
友人のインド人は100回以上ここに来ているけど、こんなことは滅多にないという。
どうやらありがたいことらしい。

中では僧侶達がカーリーに洋服を着せたり、花を飾ったり、聖水をかけたり、マントラを唱えたりとプージャ(儀式)が行われた。

カーリーが着飾っていく

ジャーン、出来上がり

僧侶がビンドゥ(額の点)をつけてくれる

そしていよいよハグタイム。
順番に並んでカーリーのもとへ行くと、僧侶にガッと首根っこを掴まれてカーリーの胸の辺りに顔を押しつけられる。
カーリーは洋服を着ていて胸は柔らかいから痛くはないんだけど、ここにみんなが顔をつけていると思うと複雑。。。
インドにコロナが来たらクラスター間違いなしだな。

ランチタイム

外ではたくさんの人達がお昼ご飯をもらっていた。
裏口組の私達は建物の中で特別っぽいモノをもらう。
神様からもらうありがたいご飯。
どんなかなーと待っていたら何やら肉を揚げたような塊が。。。
まさか、生贄のヤギ・・・?
と思ったら魚だった。
私達はベジタリアン仕様で魚は食べず、野菜のサブジやビリヤニをもらった。

ご飯を待っている間の自撮りショット

カーリー寺院のすぐ横には火葬場、そしてまた別の神様の場所がある。
そこでは怪しげなサドゥー達が集っていた。

真っ赤な神様

こうしているとインド人だと間違えられることが多い

多分、ヤギの首を落とすために使っていたものだと思われる

参道のお店でショッピング

変革の女神カーリーのパワーは強い。
エネルギーをバンバン放ってくる。
どんどん便利な世の中になって、欲しいものも手に入るけれど、それと同時に何が大切なのか見失いそうな今の時代。
カーリーは「目覚めよ!」と私達に投げかけてくる。

2020年4月2日

スタジオの臨時休業を決めました

スタジオの臨時休業を決めて、先週から始めていたオンラインクラスに全面的に切り替えることにしました。
まだ浜松は感染者が少なくて、今スタジオを閉めるのは早すぎるように見えるかも?とも思うけど、欧米の様子を見ていればこのままではあっという間に感染が広がるように思います。
これから都市部から地方へと人の流れが多くなるでしょう。
もう今でも県外ナンバーの車を多く見るようになってきました。
浜松も他人事ではないです。

ヨガで学んできたのは物事をありのままに見て、自分の意思で進むこと。
今自分に何ができるのか、何をすべきかを見極めよう。
周りがどうするかとか、社会的にどうかとか、そういうことではない。
政府がマスク2枚配るかを話し合っている間にどんどん感染は広まっていくのだから、行政の決断を待っていたら間に合わない。
自分で決めなきゃ。
今は少しでも人の動きを少なくして感染を広げないことが大切、その時期に来ていると思いました。
幸い私は環境に恵まれていて動きやすい(決断しやすい)状況なので、私の決断で周りの人達に少しハッとしてもらえればとも思います。

自分がオンラインでクラスをやることは一生ないと思っていたので、なんだか不思議な感じ。
実際にスタジオでクラスができることがこんなに幸せなことだったんだと気づきます。
でもオンラインにはオンラインの良さがあるので、不慣れで上手くいかないかもしれないけど、工夫しながら進めていきます。
家にいてもみんなの顔が見られて、コミュニケーションが取れるって、文明ってすごい。

ヨガの良いところはどこにいてもできるところ。
家にいても体、そして心の健康を保てるようヨガが助けになることを願います。
瞑想しましょう!呼吸しましょう!ヨガしましょう!
個々の場所にいても繋がっていることを思い出して、この状況を一緒に乗り越えていきましょう。
実際にオンラインで繋がれるし!

1日も早くまたスタジオでクラスができる日が来るのを願って。

鈴木里枝(ヨガシャラ浜松 サリ)




2020年3月28日

聖地バクレシュワ * 2020インド

西ベンガル州にある小さな村バクレシュワに来たのは3年ぶり。
ここはクライブがクライブのグルと長年過ごした場所で、私にとっては聖地だ。

バクレシュワのメインロード!
端から端まで10分もかからないくらい

よく行くチャイ屋さんのカウンター
昔商売をしていたおばあちゃんの家を思い出した

チャイ屋で作っていたサモサの中身、美味しそう
でもこれを冷ましている間にハエの大群が集っていて食欲が失せた・・・

おじさんがナスを薄くスライスしてた
その道具が面白い形

そして次々に揚げ物を作っていく

ナスのフリッターが美味しいとすすめられて食べてみた
揚げたてでも油っぽすぎて無理〜

滞在したアシュラム
バクレシュワにはあまりご飯を食べる店がないので三食アシュラムで出してもらう

朝ごはん
ゴパラというここの次期スワミがご飯を作ってくれる
彼のチャパティはどこよりも美味しい

お昼ごはんはちょっと豪華
手で食べるのは口にする物のエネルギーを感じるために大切なことだと言う

夜ご飯
そうは言っても汁物を手で食べるは難しいー
苦戦していたらスプーンを持ってきてくれた


バクレシュワの町の外れにスマシャン(火葬場)がある。
私達は朝の瞑想へ行く時に毎日ここを通る。
空き地に組んだ木が置いてあり、その上に遺体を乗せ火をくべている様子がわかる。
若い人だとか老人だとか、男性か女性かもわかる。
インドでは人の死は人生の苦しみから解放される喜ばしいことだという考え方があるけれど、泣き叫んで悲しんでいる家族を見ることもある。
人にはいつか必ず死がやってきて、それは特別なことではない。
それがここでの日常。
ここで育つ子はどんな大人になるのだろうと思う。


スマシャンの向こう側に小さな川があって、その向こう側にグルの家と女神の場所があるんだけど、木の橋がなくなっていた。
仕方なく早朝の寒い中、裸足で川に入って渡った。
朝まだ暗いうちの女神の場所での瞑想は凍えるほどの寒さ!
タンクトップ、長袖シャツ、パーカー、ダウンジャケット、レインジャケット、毛布2枚にルンギ、とありったけの物を着てモコモコの瞑想になった。
そして場所を移動してグルの家でも瞑想。
ここに導いてくれてありがとうって自分の祖先を訪ねている気持ちになる。


バクレシュワに来る度思うのは、私が今学んでいるヨガの知恵は古代インドで脈々とグルから弟子へと受け継がれてきたものだということ。
私はそれを次に渡していく。
自分のエゴを入れてはいけない。
ただ真実をそのまま伝える責任がある。
そのためには自分が修練を重ねること。

パンチャ・ムーンディの木の下での瞑想
この木の下には5つの動物の骨と5つのカーストの人の骨が埋められている
タントラの教えでは死への恐怖を断ち切ることが重要だという


私が帰る前日、裸足で小川を渡らなくても向こう岸に行ける方法がわかった。
あんなに寒い思いをしなくても良かったのかー


2020年3月23日

ナマステVOL.24 書きました

ナマステVOL.24(2020年春号)書きました。
冬号は無しというのが毎年当たり前になってきてしまった。。。

今回のコンテンツ
-ヨガとアーユルヴェーダで新型コロナウイルス対策
-インド腹にはこれ!シリアムハスク
-インドの揚げパン バンズ
-カパを整えるポーズ ヴィーラバドラー1
-おまけ みつろうエコラップ for Low Waste

https://hatisari.blogspot.com/p/blog-page_9.html


2020年3月19日

西から東へ * 2020インド

コルールはインドの南の西側に位置する。
次の目的地のバクレシュワはインドの東側、そしてもう少し北。
移動が長いので、途中でベナウリンとコルカタに泊まりながら向かう。

ベナウリンのビーチは相変わらずのんびり〜。
空港から近いせいか、滞在している人の年齢層が高くて目の保養は期待できない、笑。
海もそれほど綺麗じゃないけど、それでもビーチの開放感が嬉しい。
1泊だけの滞在中にイタリアンでご飯とアルコール、ジャーマンベーカリーでコーヒー&クッキー、と豪遊してやった。
次なるバクレシュワに備えて美味しいもの食べとかないと〜。

ベナウリンの夕陽

ベナウリンでキャサリンと別れてゴアの空港へ。
そこからコルカタへ飛ぶ。
コルカタには2泊した。

コルカタで朝チャイ

プラスチックや紙のカップが増えてきたけど
コルカタのチャイ屋さんではいまだに陶器のカップを使っている

コルカタに来ると南インドとは違うなーと思う。
南と比べると人はわりと無表情で口調が少し強い気がする。
教育や金銭水準も南の方が高いんだなって見て取れる。
大都市の割には貧しい感じがあって、コルカタは数年前とあまり変わってない気がする。
町は渋滞が多くて酷い排気ガス。
牛の糞が乾いて舞ったり、道路がガタガタで土埃が酷かったりであっという間に喉がおかしくなった。

それでも楽しいコルカタショッピング♪
移転したファブインディアにカフェができたのでオシャレご飯を食べた。

新しくできたファブカフェ
めっちゃ美味しかった〜!

コルカタのストリートガール
通行人がお金を置いていく
こんな絵が書いてあったらなんか払っちゃうよね

路上の花屋さん

コルカタに2泊した後に列車移動。
駅の外でチャイと卵サンドを買って長旅に備える。

店の後ろはゴミの山・・・

コルカタのハウラ駅から4時間弱、ドゥブラジプール駅へ。
列車の旅も今はiPhoneで自分の位置がわかるからすごく楽になった。
ドゥブラジプールからはリクシャー移動。

ドゥブラジプールからバクレシュワへ向かう途中
カッコイイ牛車が来た

埃がすごいんでこんな感じで
この時はコロナがこんなことになるなんて思いもせずにマスクしてた・・・


今までリトリート後は1人で旅するのが常だったので、久々に誰かと一緒のインド旅。
1人旅とはまた違う楽しさがある。


2020年3月10日

ムカンビカ寺院 * 2020インド

ムカンビカは優しいエネルギーの女神。
そしてお寺の中は、朝は神聖な、夜は陽気な雰囲気が漂う。
ここでは毎日お寺のプージャ(儀式)のスケジュールに合わせて動く。
お寺に行くしかやることはなくて、1週間のんびり過ごした。

朝は5時頃起きてお寺に行く準備をする。
神様に会いに行くので朝シャワー。
可愛いインドの服を着て、マーラ(首飾り)やイヤリングをして、髪には花を飾っておしゃれをする。
ヤバイ、日本でこんなオシャレすることなくなってる、、、

宿はお寺のすぐ裏。
まだ暗いうちに出かける。

早朝にお坊さんの家の前を通ると道に花びらを飾っていた

お寺は5時に開くので、もう人が既に並んでいる。
外でサンダルを脱いで入り口から入る。
入り口には何の意味もないセキュリティゲートがあって、ビービー鳴りっぱなし。
一応ガードマンが立ってるけどそのまま入る。
お寺の敷地内に入ると建物があって、その奥に神様がいる。

この建物の中の奥の方に神様の像がある
撮影はできない

神様に挨拶した後、5時半くらいからお寺の中で瞑想する。
マントラの声、鐘の音、人の話し声や足音が聞こえる中での瞑想はすごく不思議な感覚。
外側の音は聞こえているけど自分の内側はすごく静かで、お寺の中の空気の波動が体に響いて溶けていく。
この時間がすごく好き。

7時半頃までお寺で座って、その後に朝ごはんに行く。
だいたい行くのはバンズと呼ばれる揚げパン屋さん。

バンズにはバナナが入っていて少し甘い
横にカレーが付いている

太陽が眩しくなってくる時間

朝ごはんの後はお寺の前のお店で神様グッズの買い物をしたり、散歩をしたり。
そして部屋に戻ってバルコニーでヨガの練習。
目の前が緑で気持ち良い。

今日も部屋の向かいの木にキングフィッシャー
川に泳いでいる魚を狙っているっぽい

その後、2時頃からランチ。
数年前にこんな美味しくてキレイなレストランができた。
インドご飯があまり得意でない私も、ここのご飯は大丈夫だった。
8年前にコルールに来た時は、お腹を壊して宿で寝込み、お店も少ないので毎日キュウリをかじっていたというのに。。。

これで50ルピー!80円くらい

のんびりランチの後は、帰りにお寺に寄ったり、町のお店に寄ったり。
そして部屋に戻ってコーヒータイム。
1日何もしていないのに、あっという間に6時近く。
プージャの時間!
お寺行かなきゃ〜。

夕方、塔に火を灯し始める

ファイヤーマンのマントラでプージャが始まる
これがカッコいいのだー

インド人ファミリーの後ろにいるのは音楽隊
意外にもノリノリな踊りたくなるような音楽

建物の奥にいるムカンビカ女神の前の布が上がって顔が見えると、みんなガンガン鐘を鳴らす。
少しでもその顔を見ようと押し合いへし合い。
多額の寄付をする人がいると神様がお寺の奥から出てくる。
(私が滞在していた1週間は毎日出てきた)
お寺の奥の建物の中をグルグル回り、その後外回りをグルグル。
2人神輿で1周、4人神輿で1周、屋台で1周。
その後をみんなもグルグル。
そして外の台座に鎮座して儀式、その後ココナッツなどを神様からもらう。

グルグルしているとだんだんハイになってきて、なんだか楽しい。
これはお寺の演出が憎いくらい上手だからだと思う。
構成がとっても良くできている。
ちょっと勿体ぶっておいてから、ジャーンって神様が登場。
みんなが「ハハー」って頭を下げたくなるような、追いかけたくなるような、盛り上げ方。
神様を迎える音楽とか、ランプの使い方、お坊さん達の恭しい感じとか、お坊さんそれぞれのキャラに合った配置とか。
冷静に考えるとただの像なんだけど、笑。

神様が担がれて奥から出てくる
神様を担いでいるボスみたいなお坊さんの太い腕には虎のタトゥーが

金の屋台に神様が乗って、寄付した人たちが引っ張る

ギーランプを灯す、30ルピー也

ちょっとお茶目なお坊さん

神様からのプラサードは甘いお菓子

リトリートの仲間も15人近くコルールに来た

プージャが終わるのが夜9時過ぎ。
その後に晩ご飯を食べて、次の朝が早いのですぐ寝るという不健康な(!)生活。
ここでの生活でかなり胃が拡張された。

クライブはムカンビカ寺院に30年以上も毎年来つづけている。
ガイドブックには乗っていないような小さなお寺だけど、南インドから多くのインド人が訪れる神聖なお寺。
村には大きな建物も増えてきたけれど、このお寺の素朴で温かいエネルギーはいつまでも続いて欲しい。
それにしても、朝5時から夜9時まで、お坊さん達ご苦労様ですー1