2019年5月22日

タナロット寺院とチャングーへ、そして事件勃発

今年は長い連休だったので、リトリート参加者の多くがその後1泊した。
リトリート終了日にみんなでウブド散策、そしてタナロット寺院へ。

タナロット寺院は2008年に一度行ったことがある。
夕日が綺麗だったことと、そこで食べたクルポン(クレポン?)というお菓子が美味しかったことをすごく覚えている。

今回は夕日の少し前の時間。


裏側に回ると塔が見える。中には入れない。


よくわかんない列があって、みどりちゃんが犠牲になって並んでみると・・・


額に米と花の飾りで1万ルピーなり。
それを見てみんなは並ばず。


割れ門の前で撮影。


クルポンを買ってみんなに無理やり食べさせた。
緑の葉っぱの中に入っているのがそう。
ココナッツがついたお餅の中に黒糖の蜜が入っていて、噛むとプシュッと蜜が出てくる。


泊まったのはチャングーにあるKakol Homestayというヴィラ。
プールやリビング付きの貸切、人数多いとこれができるのが嬉しい。


晩ごはんは近くのワルンBumiというところへ。
指差しで選んべるお店、美味しい。
これにスイカジュースで36000ルピー(288円)、安い!
後日行ったらさらに安くて9000ルピー(72円)!!


チャングー の海。
バリだとは思えないほど欧米人が多いけど、それでも神聖な雰囲気が漂う。



バリ島の西海岸に面していて 、夕日が海に落ちていく。


みどりちゃん演出で変な演技をさせられる。


そしてジャンプをさせられる・笑


チャングーの夜、事件が勃発。

晩ごはんの後、リビングでみんなでまったりおしゃべりしていると、
宿のスタッフが私に「今から帰るね。家は隣だから何かあったらWhatsAppで連絡してね。ドアクローズしていい?」と聞いてきた。
『ん?なんでそんなこと聞くんだろ』という小さな疑問が『あ、鍵ってことか』と『ドアクローズ→鍵を閉める』に頭の中で自動変換していた。
「いいよー!」と気楽に返事。

彼女が帰って少しして、「しまった!!明日の早朝ひとり帰国するんだった!!ドア開かないと困る!」と気づいた。
慌ててドアを押してみるとウンともスンとも全然動かない。
宿の人にWhatsAppしたり、仲介業者に連絡したり、電話したり。。。
でも連絡取れず・・・
ヴィラの周りを見ても高い塀で囲まれていて簡単には乗り越えられそうにない(汗)
あー、なんであの時何も考えず「いいよー」って言っちゃったんだろ。
しょうがない、私がリカちゃんを肩車するしかないかー。

ってときに返信が来た。
「Just open. It's not locked.」え!?鍵かかってない?
ドアを引いたら簡単に開いたのでした。
みなさん、お騒がせしましたー!

ドアは内側に開きます↓↓↓


2019年5月20日

ウブドで再会

リトリート後のバリ島滞在中のこと。
順番がバラバラになるけれど、思い出したことから載せてくことにする。

今年1月のインドのリトリートで出会った友人アヌーク。
彼女はインド半分バリ半分の生活をしている。
そしてパートナーは私が2008年に東京で受けたトレーニングの哲学の先生だったエミール・ウェンデル。
この2人のお宅訪問をすることになった。

アヌークとは3週間のリトリート中あまり話ができなくて、最後数日になって彼女から「あんまり話ができなかったから一緒にご飯食べよう」って言ってきてくれた。
それがこの再会に繋がっていると思うと声をかけてくれたことに感謝!
そしてエミールとは11年ぶりの再会になった。
(実は去年ウブドの道で見かけたけど)
エミールはクライブの古い友人であり生徒で、またクライブとは違った味があるダンディなオジサマ。
忙しく世界中を動き回っているから、個人的に話をできるのは超貴重だ。

「今のヨガはヨーロッパも日本もインドの伝統的なものとは違う方向に行っている。アーサナ然りビジネス然り。インドでの深い経験があるのであれば、それを伝えていかなくては。」
「日本の禅僧が長い時間微動だにせず座っていられるのは何故なのか。どうしたらそうできるのか。プラーナヤーマはそこに導いてくれる貴重なツールだ。」
「哲学を見ていくと、インド哲学もヨーロッパ哲学も日本も中国も根本は繋がっている。人間の根本。」

そして特に印象に残ったのはこんな言葉。
「リトリートを海外でやることはすごく意味がある。日本人が日本で納豆を食べながらリトリートをしてもダメなんだよ。欧米人も同じ(エミールはスイス出身)。自分の文化の中にいても自分が持っている概念から出ることはなかなか難しい。違う文化の中で違う食べ物を食べて、違う雰囲気の中で過ごすのが大事なんだ。」

確かに、私がリトリートに参加するときも日本だとコミュニケーション楽だし、みんな綺麗好きだし、人に気を使ってくれるし、食べ物美味しいし、温泉もあるし、リラックスできて楽しい。それはそれで貴重な時間だけれど。
それが海外だとちょっと違う緊張感があって、マインドが揺れ動く。

今回リトリートに参加してくれたある方が、参加前に少し不安だと打ち明けてくれた。
「リトリートに参加して自分が自分でいられなくなりそうで心配・・・」と。
自分が自分でいなくていいんだよー。
私がリトリートに参加するときもいつも自分に言い聞かせる。
クレイジーになっていいんだ!
自分の枠から飛び出しても大丈夫な場所がリトリート。
大きな自然と見守ってくれる先生や仲間がいるから。
自分が持っている「こうすべき」「私はこう」をぶち壊せ!
ハタヨガはヴィーラ・戦士のヨガ、マインドの習慣を壊すヨガなのだから。


人の家だからあんまり写真撮ってもな、と思ってあまり撮らなかったんだけどすんごい素敵な家!!
これにプールが付いてたらパラダイスだなー。
なくてもパラダイスだけど。
(外観が損なわれるからってエミールがプール作ってくれないとアヌークが言ってた・笑)

バリ島ヨガリトリート写真をサイトに掲載しました

2019年バリ島ヨガリトリートが無事に終わった。
みんなの写真を合わせたらすごくたくさんになったので、整理がひと仕事。
ヨガシャラ浜松のサイトにたくさんの写真を掲載しました〜!



誰かが言っていた。
みんなの写真を見ると、同じ場面でも切り取り方が違って面白いって。
本当にその通りで全部個性があって全部載せたくなった。

2回目のバリ島でのリトリート。
今回は自分で探して見つけた小さなリトリートセンターでやった。
私は良い先生を見つけるのもそうだけど、良い場所を見つけるのも上手く直感力が働くらしい。
自然の中のすご〜く素敵な場所、しかも貸切。
私自身のリトリートでこんなことができるなんて、この状況に導いてくれた力に感謝しかない。

小さなチャレンジがいくつかあった。
リトリートセンターとのやり取りから移動の手配、オプションまで全て自分で手配してやってみた。
座学でも初めての試みをした。
浜松以外からも参加してくれた初対面の方達がいて、その人達を空港で迎えるときの何とも言えないワクワク感も味わった。
リトリート後には海の近くのヴィラを借り切ってみんなと夜遅くまでおしゃべりもした。
この組み合わせのメンバーでこの場面のこの空気は2度とない。
貴重な時間。
ちょっと寂しい気もするけれど、楽しいことも苦しいことも物事は変化していくのだ。

さあ、次はどんな冒険になるかなー!

旅のオフショットはまた後ほど。


2019年4月27日

神様レース、結果発表〜!



1. Ganesha
上段左 障害を取り除く神様

2. Lakshmi
上段右から2つ目 富と美の女神

3. Saraswati
上段左から2つ目 芸術と知性の女神

4. Shiva
下段右 瞑想や静なる意識の神様

5. Kali
下段真ん中 変革をもたらす女神

6. Krishna & Radha
上段右 愛の神様

7. Hanuman
下段左 献身の神様

2019年4月4日

ナマステVOL.21発行

ナマステVOL.21(2019年春号)を書きました。
ちょっと隙間が多くて手抜き風に見えるかも?
まあこんな号もあってよいでしょう。

今回のコンテンツ
- インドの言語
- 南国食材ココナッツ
- インド人には認知症が少ない!?
- おすすめ*ターメリックの取り方

https://hatisari.blogspot.com/p/blog-page_9.html


2019年3月31日

2019インド備忘録 〜大都会デリーとバンコク〜

インドの最後は久々のデリー。
今まではデリーに滞在するときはパハールガンジという悪名名高い安宿街に泊まっていた。
それが今回は初めて南デリーに泊まってみることにした。
というのも、地下鉄のマゼンダラインが開通して空港から南デリーへ行くのがとっても楽になったのだ。

泊まったのはメディテーションパレスという宿。
トイレの元栓がなぜかいつも閉まっているとか、突然シャワーのお湯が出ないとか、不便なところも所々あったけど、静かだしキレイ。
看板が出ていないので宿ってわかりにくい上に施錠もしっかりしているっぽくて、安心して泊まることができた。

宿の近辺は道路が閉鎖されているところが多い。
なんでだろ。
歩行者は脇の隙間を通る。
この隙間を抜ければ地下鉄の駅まで歩いて5分。


宿を出てすぐにある露店の八百屋。
相変わらずキュウリにお世話になっている。


隣の果物屋。
パパイヤ食べたい。
お兄さんに高値ふっかけられて全然まけてくれないんだけど、買っちゃった。


以前ならサイクルリクシャやオートリクシャに乗って「ここに行きたい」って言っても他の店に連れて行かれたり、人に聞いても全然違う場所を教えられたりで、デリーで行きたい店にたどり着くのは一苦労だった。
それが今は地下鉄が便利になったし、グーグルマップはオフラインでも自分の場所を教えてくれるし、行きたい店にたどり着けるー!
ファブインディアやアノーキ、オーガニックスーパー等をはしご。
デリーショッピングめっちゃ楽しい♪

地下鉄でパハールガンジに遊びに行ってみた。
このゴチャゴチャ感!
デリーに来たって感じで懐かしさとワクワクがある。
やっぱここも好きだなー。


何年か前にバラナシで食べたレアチーズケーキが突然食べたくなった。
そのとき超おいしく感じたのが忘れられないのー。
同じ店がデリーにあるので行ってみた。
こんな怪しげな路地の奥にあるみたい。。。大丈夫か?


見つけた!オープンハンドカフェ。
残念ながらレアチーズケーキはなかったけど、マサラチャイがすごく美味しい。
ご飯も私が求めていた辛くないやつ、美味い〜。


パハールガンジの喧騒の中にこんなかわいい憩いの場。
この店があるなら、またパハールガンジに泊まってもいいかも。


そしてINA駅近くに超楽しいとこ発見!
ディリーハットというクラフトバザール。
30ルピー入場料を払わないといけないんだけど、そのぶん中に入っている店は良心的でそれほど高値をふっかけてこない。
可愛い雑貨や食べ物屋さんがたくさんある。

デリーの地下鉄はすごくキレイだった。
マゼンダラインは開通したばかりだから特にキレイ。
女性専用車両があるのもありがたい。
面白いのは所々に「ツバ吐きしたら罰金」とか「地面に座るの禁止」とか書いてあること。
インドの人、よくやるよね。


タイのバンコクではよくスカイトレインBTSを利用する。
デリーの地下鉄とほぼ同じシステム。
トークンというコインかカードを買って電車に乗る。

デリー地下鉄とバンコクBTSの比較。
デリーは自動販売機の釣り銭がいつもなくて結局窓口に並ぶ。
バンコクは紙幣が使えないので両替のために結局窓口に並ぶ。
デリーは電車から人が降りる前に人が乗り込んでくるので、降りるときはカオスの中に突入しなければならない。
バンコクはちゃんと降りる人の後に人が乗り込む。
デリーは意外にも親切だったりもする。
案内板で降りる駅を確認していたら「大丈夫?」って声をかけてくれたり、「ピアス取れそうだよ」って教えてくれたりした。
外国人で乗っている人が少ないからかな。
バンコクは他人には興味なさそう。
普通に都会の電車って感じ。
デリーは電車に乗るたびに荷物検査があるので面倒くさいけど安心度は高い。

こう書くとデリーの方が良さげに思えるけど、、、
何だろう、このバンコクに着いた途端に感じる安心感。
周囲にインド人がいる緊張から解放された感(笑)

インドを発ってバンコクへ。
パヤタイ駅を降りてすぐのPOSHという宿へ。

簡単に休めてシャワーが使えれば良いと思って取った部屋。
キャビンという名のカプセルホテルみたいな、ベットだけの個室。
天井が高いから狭くてもそれほど気にならない。
キレイだし静か、朝ごはんもついてる。
ベッドの下に荷物を入れる場所がある。

タイはご飯美味しいわ〜。
シーフードパッタイを堪能し、マッサージを2回も受け、ちょっとおしゃれなカフェでお茶。
バンコク最高ー!とご機嫌で帰国の途についたら、家に着いた途端お腹に激痛が・・・。
インドであれだけ気をつけていたのに、その後2日間はお腹ピーピー生活をする羽目に。。。多分パッタイの唐辛子。
帰国してからで良かったわー。

2019インド備忘録、おしまい。


2019年3月25日

イチロー引退

イチローはヨギだと思った。
記者会見、長いけど見る価値あり。

「人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。あくまでも、はかりは自分の中にある。それで自分なりにはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの日からかこんな自分になっているんだ、という状態になって。だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので、地道に進むしかない。進むだけではないですね。後退もしながら、ある時は後退しかしない時期もあると思うので。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。でもそれは正解とは限らないですよね。間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど、でもそうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えないというか、そんな気がしているので。」


2019年3月23日

2019インド備忘録 〜高台の村マンドゥ〜

マヘシュワールからマンドゥという村に日帰り旅をした。
バスを乗り継いで行けないこともないけど、移動に1日かかりそうだったので車チャーター。
車だと片道1時間くらい。
行ってみてわかった。
かなりの田舎なので、バスだとローカルの人が乗る小さいバスを乗り継いでたどり着くって感じ。
時間に余裕がないから、車で来て正解。

マンドゥは高台にある。
村に近づくとバオバブの木がちらほら見えてきた。
これが見たくてここに来たのだー!

 村はのどかで牛やヤギがあちこちにいる。

遺跡やモスクが所々にあってこれが目的で来る観光客もいるみたい。
景色がすごく良くて、村まで着いてしまえば平地。
自転車で走りたいー。






 遺跡やモスクは入場料がかかる。
インド人25ルピー、外国人300ルピー。
いくら何でも差がありすぎないか?
点在する遺跡に全部入っていたら結構な出費なんだけど。。。
なので、景色目的の私はいくつかの遺跡をパスした。

こんな村の人の日常生活を見ているだけで癒されるー

バオバブって不思議な形で幻想的。
インドのバオバブはアフリカのバオバブとは少し種類が違うらしい。


 小さなヒンドゥー寺院があった。




ドライバーが英語を話せなくて全然コミュニケーション取れず。。。
しかも待たせて遺跡を見たり、良い景色のところで停まってもらったりは結構気を使う。
一人気ままにゆっくり来たいところだなー。
泊まりにすれば良かった〜。

遺跡とバオバブだけの村なので、特に見所なくてもOKの人にはオススメです。
宿は少なそうであちこちに散らばっているようだったので、事前に調べておいた方が無難。

2019年3月20日

2019インド備忘録 〜聖地のミュージックフェスティバル〜

マヘシュワール滞在中、3日間のミュージックフェスティバルが行われた。

夜7時からということなので、初日の夜7時半頃に城砦へ行ってみた。
いつもは神聖な雰囲気のガートがディズニーランド状態に!
城砦も作られた巨大舞台もイルミネーションでキラッキラ☆
ナルマダ河に浮かぶ船もキラッキラ☆


私が行った時にはまだ舞台上でお偉いさんのスピーチが延々と続いていた。
ガートではプージャ(儀式)がこれまた延々と続いている。
「あー、長くなりそ」と思って宿に引き返したら、宿のおじさんが
「まだ今からだよ!8時半頃もう1回行ってみな。今日はムンバイから超有名な歌手が来るから見た方がいいよ!!」
と興奮気味に言ってきた。

なんで、8時半に出直し。
始まってました!
黒山の人だかりとはこのこと、インド人がいっぱい。
”超有名”というだけあって、みんながキャーキャー言っている。
そこに登場したのはインドの郷ひろみ的なおじさん。
声が綺麗でなるほどね〜って感じだったけど、それほど興味なし。
それよりもこの人だかりの方がビックリ、マヘシュワールにこんなに人がいたのか。。。
感激したのは伝統的な音楽っぽい歌を歌っていた女性、声が迫力だった。



ダンスやパレードもやってた。


シヴァリンガムが昼間とは違う感じに見える。


次の日の昼間に行ってみると、城壁の中で学生さん達が砂絵マンダラを作成中。


小さな女の子がダンスの練習。


夜にまた行くと砂絵が完成していた。




最終日にマーラ(首飾り)を買いたくて城砦へ。(って毎日3回は行ってるけど。。。)
何故かと言うと、愛用のルドラクシャのマーラをボンディラのリトリート中にネズミにかじられてしまったから(泣)
ルームメイトはトゥルシーのマーラをかじられていた。。。

城壁で出会ったマーラ売りの女の子。
綺麗な顔立ちでヒッピーっぽい服装もカワイイ。
マーラを1つとルドラクシャを彫って作ったシヴァリンガムを1つ買った。
200ルピーなり。
すると、その女の子と隣のマーラ売りおじさんの間で喧嘩勃発。
それぞれの取り分で揉めている。
こんな神聖なものを売ってるのに喧嘩って・・・。
でも喧嘩の後に笑いながら、「あれ、もともと奴のだからね〜」



インドから帰国後にドイツから嬉しい小包が届いた。
ドイツ人のルームメイトが、ネズミにかじられたマーラを買ったムカンビカ寺院に行って新しいのを買ってきてくれたのだ。
その神聖なマーラとマヘシュワールの女の子の喧嘩マーラ。
どっちも大切に使おう。
またネズミにやられないように対策考えなきゃ。