2017年12月5日

快適地帯から出る

こんなイラストが載っている記事を見た。

①自分のコンフォートゾーン(快適地帯)の中にいて
②③よし、3・2・1、ゴー!
④⑤ウヮー怖いよ〜と叫びながら走っていく
⑥やることやって
⑦⑧⑨急いでコンフォートゾーンに戻って来る
⑩はい、これで今日はおしまい!



コレ、すごくよくわかる!
例えば、知らない人の輪の中に入るとき
人前に立って発言しないと行けないとき
相手に対して嫌なことをあえて言わないといけないとき・・・etc
私にとってはコミュニケーションの場面がそう。

どんな場面が自分にとって怖いのか、自分の中で知っているって結構大事な気がする。
それもかなり具体的に。
いざその場面に立ったとき「あ、これだ」って客観的に観ることができると、1歩踏み出す力になる。

マインドの向こう側にちょっとだけ近づくかな。


0 件のコメント: