2017年5月8日

命が行き交う村 バクレシュワ②

バクレシュワで散髪。


私とおじさんのシャツがお揃いに見える!?



床屋さんの中は結構キレイで、もちろん女神もたくさん飾ってある。
ここの椅子は画期的。
お客さんの座高に合わせて頭を置く高さを調節できるようになっている。




なんて素敵な椅子!




散髪途中のお兄さんを一旦中止して私の髪を切ってくれたおじさん。
今度行ったらまた行くからね〜。
次はバクレシュワスタイル・ショートカット?

そんな床屋さんの近く、道端の八百屋さんの向こうに何やら『The インド』なバスが。
バクレシュワにこんな沢山の人いたんだ。

巡礼の人たちかな?

頭に電線が引っかかりそう。。。


そしてすごくカッコ良いカーリーバス。
Jai Maa!!

何かのプージャの後みたいで、道に並んでご飯を食べる人達


ここでやってたことと言えば、瞑想とチャイのはしご。
数百メートルしかないバクレシュワのメイン道路を毎日何回も往復もしてチャイを飲む。
そして道に並ぶ小さな雑貨屋さんを覗く。
毎日歩くのに見るたびに景色が違って見える。
ただのポスターも、自転車もかわいい。






奥に見えるのがシヴァ寺院。
ここの裏手には木々が茂っている。
根っこが建物に絡んでいたりして、アンコールワットのタ・プロムのよう。
神聖な空気。




そしてここからもう少し先に行くとスマシャン(smashan)火葬場がある。
日本とは随分違う雰囲気が漂う。
空の下、木を組んだ上に遺体が乗せられる。
そして遺体と家族で記念撮影という不思議な光景。。。
その後は遺体を火にくべ、途中で棒でたたいたりしながら燃やしていく。

ヒンドゥーの考え方では、この世を離れるのは苦しみのある今世から旅立つ喜ばしいこと。
泣くのは良しとされていない。
女性は泣くことがあるので、あまりこういった場には来ないと言うけど、数人来ているのを見た。

そんなスマシャンの横に小さな川があって、そこを渡ると空気が一転する。
神聖なエネルギーが流れる。
坂を少し登ると、先代のババが住んでいた家がある。
亡くなって随分経った今でも、この家を管理してくれている家族がいる。
部屋にはベッドや椅子などが残してあって、写真やお供えなども飾ってある。
村の人達も時々立ち寄る。
私達も毎日そこに行って、家の前でおしゃべりしたり、チャイをご馳走になったり。


ババの家にある法螺貝

ババの家をきれいに保ってくれている家族の一人


ここの家の子


小さな神様がところどころにある


ここはタントラの場所。
いまだにヤギを生贄にして女神に捧げたりするらしい。
村人たちが恨みがある人に対する呪いをしに来たりもするという噂も・・・

このU字の上にヤギの首を置く


ここから先は何もなくて荒野が広がる


ババの家から小道を行くと女神の場所がある。
その横には、ババが植えたパンチャ・ムーンディの木がある。
パンチャとは5という意味。
この木の下には5種類の動物の骨(犬や猿など)と5つのカーストの人の頭蓋骨が埋めてあるという。
しかも、その人たちは自然死ではなく、事故や自殺や大病など不運な死を遂げた人達。
この木の下で瞑想をすると、すごく深い瞑想ができるということだった。


この小道のさきにMaaの場所がある





自分の病気と命のこと、友人の事故のことを考える日々が続いた。
そして生と死が行き交うスマシャンで生命のエネルギーを感じ、ここに座る。
Maaの膝元にいると大きなものに包まれている気がして、深い瞑想に入っていく。


2017年5月6日

シルクの村 タンティパーラ

バクレシュワの近くにあるタンティパーラという村にみんなで行った。
ここはローシルク(raw silk)を作っている村。
ローシルクとは生糸のままで織ってその後にいろいろ(?詳しいことはよくわからないけど)加工するものらしい。

ここにもドゥルガー

木も神聖に飾り付け

あっちにもこっちにも女神

村の中を歩いて行くと・・・

布の問屋さんがある

蚕の繭をくれた
ローシルクはベージュが光沢で光っているようなやつ

こんなのも売ってた
かわいい布がいっぱい

ボロい自転車もなんだか良い雰囲気

シャクティ達の赤が鮮やか

機織りの家

手間がかかってる

のどかな村の中をブラブラ


私たちの写真を撮りまくってたインド人の女の人
お返し撮影



2017年4月23日

命が行き交う村 バクレシュワ①

コルカタから電車で2〜3時間、DUBRAJPURという駅に着いた。
そこから車で30分くらい行ったところにあるBakreswarという小さな村。
どうしても来たかった、今回の目的の地だ。
ここで過ごした時間はとっても神聖で、多くのことは語れないんだけど、ちょっとだけご紹介。



電車は指定席で快適だった


DUBRAJPUR駅の小さな駅舎


 バクレシュワに着いてまずは、はしごチャイ
っていうか毎日はしごチャイ


クライブオススメのマスタードオイル
これをシャワー前に体に塗ると水シャワーでもポカポカ(ピリピリ?)


この道の一番奥に私たちが泊まったアシュラムがある


メインジャンクションにある、村一番のなんでも屋


チャイ屋が数件並ぶ


やっぱりここはインド、ゴミだらけ


向こうに民家が並んでいる


神聖な村


女神たちが所々に祀られている






チャイ屋や小さな雑貨屋が並ぶメインの道は数百メートル。
リクシャすらないのどかな村。
その奥に火葬場がある。
昼夜となく亡くなった人が運ばれ、火葬される。
その火葬場の脇を通って、小さな川を渡るとピリッと空気が一変する。
神聖な空間が広がっている。


2017年4月15日

吉田友子さんのこと

毎年浜松に来てくれる友ちゃん。
2月の初め、私がインドに旅立つ4日前にインドから電話がきた。
友ちゃんが事故に遭ったので、ご家族の連絡先を調べて欲しいとのこと。
インドの列車から降りるときに転倒して、頭部を怪我する大変な事故だった。

友ちゃんは1ヶ月インドの病院で治療をし、容態が安定したところで日本に帰国。
今は都内の病院で入院しながらリハビリを受けている。
ヨガがあって本当に良かったという友ちゃん。
奇跡のような目覚ましい回復をしている。
友ちゃんから、生きる力強さと尊さ、沢山の気づきをもらっているよ。
ここにいてくれてありがとう!

今回の私のインドへの旅は、西ベンガルのMaaのもとで、生と死が行き交う火葬場の横で、
友ちゃんのこと、自分の身体と生命のこと、その生命の儚さと力強さ、自分とこの世のつながりを思いながら過ごした。


このサイトは、友ちゃんの友人が設立した基金のサイトです。

ドネーションの方法の日本語リンクはこちら
PC→
スマホ→


私と友ちゃんの誕生日は3日違い。(年は違うけど・・・)
今年の秋、一緒にまるたやのチーズケーキでも食べながらお祝いだな!


2017年4月3日

コルカタの町

コルカタのユースホステルに朝早く着いて部屋にいると、ノックする音。
前の日にここに着いていたジュンが部屋にやってきた。
下の食堂にはキャサリンもいて、一緒に朝ごはんを食べる。

インドに来る数日前からいろいろあって夜眠れない日が続いて、インドへの移動の間もほぼ寝られず、、、
すごく疲れているはずなんだけど、体は起きていて元気なので、2人と一緒にコルカタの町にお出かけすることに。
翌日は朝早くに出発だから町を見られないし。。。

2人は前の日にいろいろ見て周辺のことがわかっていたので、私は寝不足の頭でぼーっとついていくだけだった。
行ったのはカーリー寺院などのお寺と、街中でのショッピング。
寺院は撮影がダメなところも多いので写真はほとんど撮らなかった。
買ったものは、ラーマクリシュナ寺院でお香と瞑想用のラグ。
私たちが大好きなお店 fab indiaanohkiでクルタとパンツ。
tathaのいい匂いの日焼け止め。
あとは翌日電車で移動する時のおやつにミカン。

リクシャやタクシー、地下鉄やボート(ガンジス河を渡る)で移動をしていると、コルカタの町の様子が少し分かってきた。
コルカタではみんなベンガル語を話す。
他の大きい都市よりも英語を話せる人が少ない気がする。
渋滞がすごくて、移動は地下鉄をできる限り使う方が動きやすい。
地下鉄はきれいで危険な雰囲気もないけど、結構混んでる。
女性用エリアに乗る方が安心。
街中で牛を見ることは少ないから牛の糞が乾いて舞い上がることはないだろうけど、道路は砂ぼこりと排気ガスがすごいから、長時間うろうろしたくない。
道路の整備の状態や住宅の様子から、インド第3の都市のわりには貧しさを感じる。
デリーや他の都市ともまた違う、貧しさと力強さ。
厳しさがあるけど、歩いてみると女神像がところどころにあって見守られている気持ちになる。
人も安心して接することができるかんじ。
長期滞在はごめんだけど(笑)、コルカタ、わりと好き。


ボートに乗ってガンジス河を渡った向こう側

この辺りは優しい緑色の塀が多い

サモサ屋さんでおやつタイム

ティーショップの看板?

ボート乗り場へ向かう順とキャサリン

船の上からのガンガー
あんまりキレイじゃないね

ココナッツジュースで水分補給
中はトロトロの果肉が美味しー

またまたティータイム
最近は見ることが少なくなった焼き物のカップでチャイ


あま〜いチャイで疲れが吹き飛ぶ〜

生オレンジジュース屋さん