2017年4月23日

命が行き交う村 バクレシュワ①

コルカタから電車で2〜3時間、DUBRAJPURという駅に着いた。
そこから車で30分くらい行ったところにあるBakreswarという小さな村。
どうしても来たかった、今回の目的の地だ。
ここで過ごした時間はとっても神聖で、多くのことは語れないんだけど、ちょっとだけご紹介。



電車は指定席で快適だった


DUBRAJPUR駅の小さな駅舎


 バクレシュワに着いてまずは、はしごチャイ
っていうか毎日はしごチャイ


クライブオススメのマスタードオイル
これをシャワー前に体に塗ると水シャワーでもポカポカ(ピリピリ?)


この道の一番奥に私たちが泊まったアシュラムがある


メインジャンクションにある、村一番のなんでも屋


チャイ屋が数件並ぶ


やっぱりここはインド、ゴミだらけ


向こうに民家が並んでいる


神聖な村


女神たちが所々に祀られている






チャイ屋や小さな雑貨屋が並ぶメインの道は数百メートル。
リクシャすらないのどかな村。
その奥に火葬場がある。
昼夜となく亡くなった人が運ばれ、火葬される。
その火葬場の脇を通って、小さな川を渡るとピリッと空気が一変する。
神聖な空間が広がっている。


2017年4月15日

吉田友子さんのこと

毎年浜松に来てくれる友ちゃん。
2月の初め、私がインドに旅立つ4日前にインドから電話がきた。
友ちゃんが事故に遭ったので、ご家族の連絡先を調べて欲しいとのこと。
インドの列車から降りるときに転倒して、頭部を怪我する大変な事故だった。

友ちゃんは1ヶ月インドの病院で治療をし、容態が安定したところで日本に帰国。
今は都内の病院で入院しながらリハビリを受けている。
ヨガがあって本当に良かったという友ちゃん。
奇跡のような目覚ましい回復をしている。
友ちゃんから、生きる力強さと尊さ、沢山の気づきをもらっているよ。
ここにいてくれてありがとう!

今回の私のインドへの旅は、西ベンガルのMaaのもとで、生と死が行き交う火葬場の横で、
友ちゃんのこと、自分の身体と生命のこと、その生命の儚さと力強さ、自分とこの世のつながりを思いながら過ごした。


このサイトは、友ちゃんの友人が設立した基金のサイトです。

ドネーションの方法の日本語リンクはこちら
PC→
スマホ→


私と友ちゃんの誕生日は3日違い。(年は違うけど・・・)
今年の秋、一緒にまるたやのチーズケーキでも食べながらお祝いだな!


2017年4月3日

コルカタの町

コルカタのユースホステルに朝早く着いて部屋にいると、ノックする音。
前の日にここに着いていたジュンが部屋にやってきた。
下の食堂にはキャサリンもいて、一緒に朝ごはんを食べる。

インドに来る数日前からいろいろあって夜眠れない日が続いて、インドへの移動の間もほぼ寝られず、、、
すごく疲れているはずなんだけど、体は起きていて元気なので、2人と一緒にコルカタの町にお出かけすることに。
翌日は朝早くに出発だから町を見られないし。。。

2人は前の日にいろいろ見て周辺のことがわかっていたので、私は寝不足の頭でぼーっとついていくだけだった。
行ったのはカーリー寺院などのお寺と、街中でのショッピング。
寺院は撮影がダメなところも多いので写真はほとんど撮らなかった。
買ったものは、ラーマクリシュナ寺院でお香と瞑想用のラグ。
私たちが大好きなお店 fab indiaanohkiでクルタとパンツ。
tathaのいい匂いの日焼け止め。
あとは翌日電車で移動する時のおやつにミカン。

リクシャやタクシー、地下鉄やボート(ガンジス河を渡る)で移動をしていると、コルカタの町の様子が少し分かってきた。
コルカタではみんなベンガル語を話す。
他の大きい都市よりも英語を話せる人が少ない気がする。
渋滞がすごくて、移動は地下鉄をできる限り使う方が動きやすい。
地下鉄はきれいで危険な雰囲気もないけど、結構混んでる。
女性用エリアに乗る方が安心。
街中で牛を見ることは少ないから牛の糞が乾いて舞い上がることはないだろうけど、道路は砂ぼこりと排気ガスがすごいから、長時間うろうろしたくない。
道路の整備の状態や住宅の様子から、インド第3の都市のわりには貧しさを感じる。
デリーや他の都市ともまた違う、貧しさと力強さ。
厳しさがあるけど、歩いてみると女神像がところどころにあって見守られている気持ちになる。
人も安心して接することができるかんじ。
長期滞在はごめんだけど(笑)、コルカタ、わりと好き。


ボートに乗ってガンジス河を渡った向こう側

この辺りは優しい緑色の塀が多い

サモサ屋さんでおやつタイム

ティーショップの看板?

ボート乗り場へ向かう順とキャサリン

船の上からのガンガー
あんまりキレイじゃないね

ココナッツジュースで水分補給
中はトロトロの果肉が美味しー

またまたティータイム
最近は見ることが少なくなった焼き物のカップでチャイ


あま〜いチャイで疲れが吹き飛ぶ〜

生オレンジジュース屋さん




2017年3月24日

ナマステ VOL.14

ナマステ新聞VOL.14できました〜。
またまたゆる〜く、冬号を跳ばして春号の発行。
サドゥーについて書いてます。


2017年3月22日

インド、西ベンガルへ

いろいろあって今回のインド旅のことを書く気にならなかったんだけど、やっぱり旅の記録を少し残したいので、ぼちぼち書いていこうと思う。



今回のインド旅は、諸事情により当初の予定よりも短い9日間の旅になった。
それでも行けないよりはマシ。
目的地はずっと行きたかった小さな村、西ベンガル州にあるバクレシュワ。

2月の初め、名古屋から香港とバンコクを経由してコルカタへ入った。
なぜかインドに入る便はいつも夜中着。
これはインド人の陰謀なんじゃないかと思ってしまう。
夜のタクシーに乗せて、変な宿に連れて行ってぼったくろう、みたいな。
いやいや、そんな手には乗らないぞー。
空港のベンチで朝まで待機する。

空港内は警備もあるし、朝まで空港で寝る人は周りにもたくさんいて、安心。
ただ、私が今まで寝たインドの空港のベンチって、なぜか長椅子じゃない。
手すりが座席の境についているので、横になって寝られないのだ。
編み出した方法は、カートの上に足を乗せて伸ばし荷物に寄りかかって寝るスタイル。
明け方までベンチで過ごして、空港を出た。

コルカタではジュンとキャサリンと合流することになっている。
早朝、2人が泊まっているユースホステルへとタクシーで向かう。

コルカタは以前はカルカッタと英語読みされていた都市。
乗り継ぎで降りたことはあるけど、街に入るのは初めてだ。
多少の渋滞はあったものの、朝早かったせいか案外早く到着。

タクシーはプリペイドで、すでに空港で200ルピーを払ってあったのに、運転手に250ルピーだとごねられる。
通りまでが200ルピー、通りから少し入ったからプラス50ルピーだと。
文句を言いかけたけど、睡眠不足と旅の疲れでそんな気力もないことに気づいた。
キャサリンも250ルピー払ったって言ってたしな。。。

眠すぎる。。。
宿にチェックインして、そのまま眠りに落ちた。

2017年3月9日

インドで髪を切ってみた

インドのバクレシュワという小さな村にある床屋。
青空床屋じゃなく、屋根付きでまあまあキレイ。

インドで初散髪してみた。
ちょっとこわいので日本で修正できるように、10センチくらいのカット。
所要時間3分。
お値段20ルピー(約40円)也。

道路にはインド人のおっちゃんやおばちゃんが集まってきて、ちょっとしたカットショーみたい(笑)