2014年10月21日

安眠のコツ

新しいルームメイトがやって来た。
80才過ぎのおばあちゃん。
このおばあちゃん、超かわいい。
ちっちゃくて、ベッドに寝てると布団に埋もれているんだかいないんだか分からないくらい。
口癖は「よいしょ、よいしょ」
昨日の晩は7時半に「じゃあ寝るね、おやすみ」って、早っ!
私よりツワモノだ。

私は入院した最初の1週間は腰が痛くてよく目が覚めていた。
私の体にはちょっとベッドが柔らかいみたい。
そこで寝る前に背骨のメンテナンスをすることにした。
そしたら腰痛が全くなくなった。
コレおすすめです。

①枕を背中の下に入れて緩めのスプタヴィラアーサナ数分。
②枕を頭の下に、ブロックを枕と同じ高さにして背中の下、肩甲骨の間に入れて数分。 手は肘を掴んで頭の向こう側。
③同じ形で枕はずして数分。
④ブロックを高くして首の付け根にブロックの角がくるようにして数分。
⑤背骨のひとつずつを伸ばすように、ちょっとずつブロックを下にずらして数分を繰り返す。
⑥腰まできたらブロックを1段低くして深く伸ばす。
⑦ブロックを更に低くし、スプタバッタコーナーサナ。
⑧アパナアーサナで背骨をまっすぐに戻す。

この説明じゃ分からないって方は個人的にお知らせくださいませ〜。  

で、その後は陰ヨガタイム。
力を抜いてじわ〜んと伸ばしていくと良い感じに眠くなって、消灯後即爆睡になるのだ。

陰ヨガメニュー
・スプタパタングシュタアーサナ (ベルトやベットの淵に足をかけてリラックス)
・ツイスト
・バタフライ(タラアーサナ)
・ドラゴンフライ左右前(ウパヴィシュタコーナアーサナ)
・布団や枕を総動員してリストラティブのセッツバンダアーサナ


前出のおばあちゃん、今朝はパンツ一丁のところに看護師さんと遭遇してしまった。
「あー、恥ずかしい、恥ずかしい。こんなおばあさんでも恥ずかしい」って言って照れている。
おばあちゃんが着替えてるすぐ横に私はいるんですが・・・。
「こんなおばあさんでも、死んだ旦那は浮気もしないでずっと私だけを見ていてくれただよ」だって。

なんだかホロリ。





今朝の朝日は雲とのコラボ

3 件のコメント:

greenish さんのコメント...

かわいいおばあちゃま。会いたいな…。
旦那さんについての深いい話ができるなんて、よいルームメイトだね〜。
毎日の景色が良すぎて、恋しくなりそうね。

greenish さんのコメント...

あっ、あと私も柔らかめのベッドで腰痛に苦しんでいるので、またゆっくり教えてね〜!

Yoga Shala さんのコメント...

おばあちゃん、手術のために部屋替えになっちゃったよ。その前の晩、売店でカップラーメンとポテチとプリッツとエビせん買ってきて息子さんに怒られてた、笑。 さ