2013年5月31日

ヨガウーマン

トランスフォーメーション『変革』 

癒しとしてのヨガがよく言われるけど
もちろんそれも大きな効能なんだけど
ヨガって自分の可能性を広げていく、そのツールになるってことをあまり知られてないんじゃないかと思う。

変わる可能性を私達はみんな持っているのだ!





2013年5月17日

あおむし



2013年5月11日

リトリート&ワークショップのオフショット

オフショット公開!

リトリートでははなえちゃんと宿周辺を探検


宿の裏の壁に可愛い植物




これもカワイイ〜




おうちから持参したガネーシャ




川沿いを探検中に車を発見!





はなえちゃんキュート写真♡




懐かしい雰囲気の吊り橋




何の花かな??





かわいこぶりっこショット。。。怖い




レンゲ畑




梅の実


川に癒される





よくわからない仕組みの流し




シカの頭がぶら下がってる民家




春です




浜松ワークショップ前日にピーターと浜松祭りの凧揚げを見に行ってきた


遠州浜の友人の家から自転車で





風が強くて凧日和




旗の文字に「cool!」とはしゃぐピーター





おじさん達がんばってます




東京からあさこちゃんとはなえちゃん到着!!



ご飯を撮影する2人




ワインチェックのピーター



 

正座でお行儀良く撮影のごはんタイム



今日のメニューはベジ手巻き寿司☆





巻き巻き〜、超真剣!




我が町の屋台と遭遇




みんなで料理 合宿みたい




朝ごはん 野菜もりもりっ








写真鑑賞 お付き合いいただいてありがとうございます。

2013年5月10日

リトリート&ワークショップ後

この数週間はバタバタでブログアップする気力ゼロ。
やっと少し落ち着いて、ちょっとPCの前に座ってみるかぁって気分になってきた。

普段とは違うアタマと体力を使う、リトリートとワークショップの企画運営。
特にリトリートは初めてだったので、必要以上にアタフタッ。
こんな大変なこと、もう今回限りでいいゃ。。。な〜んて思ったりもして。
でもやってみると、素晴らしいリトリートになったことに充実感あり。
次回はまた更に良いものにしたいって思う。

それだけの労力をかけようと思うのは、やっぱりピーターが素晴らしい先生だから。
数時間のワークショップよりも丸1日のワークショップ、1日ワークショップよりも数日間のリトリート。
ピーターの魅力は長い時間のもの程、受け取りやすい。
だからリトリートはまた開催したいなと思った。

もしかしたら時間が短いワークショップなんかはピーターの伝えたいことが上手く伝わってないかもって思ったりもする。
短い時間で、しかも通訳を通して伝えるのは大変。
表面的なことをキレイな言葉で伝えるのは簡単かもしれなくて
(そういうのもたくさん思い当たる)
でも、もっとヨガの本質を伝えようとしているから難しいのは当然だ。
私にできるなら、またその橋渡しをしたいと思う。

そしてリトリートもワークショップも、サポートしてくれた仲間がいて感謝感謝!!
物理的なことや運営に関するサポートはもちろん。
でもそれ以上に嬉しいのは、もっと個人的なサポート。

「自己探求の道はそれぞれ孤独だけれど、その同じ道を歩く仲間がいる。」
クライブの言葉を改めて思う。
普段は離れているけど、大切なところが繋がっている気がする。
優しくも厳しくもある道だから、、、、感謝!