2013年11月18日

10月11月ワークショップのオフショット★

10月と11月にやった2つのワークショップのオフショットを大公開!

まずは10月のアサコちゃんのワークショップから。
横浜からNちゃん、名古屋からKちゃん、Kちゃんが来てくれてにぎやかな週末になった。


ジェイミーオリバー風(?)日曜日の朝食



ワークショップ後
緊張感が少しほどけた後のあったかい時間



WS後のランチは街中のNaru蕎麦へ
くるみそばが美味しかった〜




野菜の天ぷら
レンコンとズッキーニがお気に入り



グットタイミングの1枚!!



みんな大満足〜!




その後は中田島でのんびり〜♪



こういう時間が幸せなんだな〜



海と夕陽とキラキラのシャクティ達




続いては11月のトモちゃんワークショップから。
トモちゃんとの時間はとっても心地良い。
去年もそうだったけど、いろんなことを2人で話して心がリセットされる大切な時間を過ごせた。



ワークショップ後のお疲れさまの1枚



その後は半田のカレー屋さんシーツーへ





トモちゃんの顔より大きいナン!



福耳




ごはん後の銭湯で至極のマッサージチェア♡
200円でこれは良い仕事してますね〜!



こんな夜更けにアップルパイ&バニラアイス&チャイ!!良いんです!
なぜなら11月はトモちゃんと私の誕生日があるから
ちっちゃなパーティ★








浜松のみんなにアサコちゃんやトモちゃんのヨガを受け取ってもらいたい。
そうして実現したワークショップ。
でも、それとともに私にとってもすごく大切な時間になっている。
日々の中にいると忘れてしまいがちなことも、こうして共に歩む仲間といると思い出す。
『静けさはいつも自分の内側にある』

数年前、インドでカフェのオーナーがくれた言葉を思い出した。
「ガンガーの聖なる流れと同じように、私達の身体の中にも流れがある。山があり谷があり、ここ(胸の真ん中)にはcave(洞窟:インドの修行者は洞窟で瞑想する)がある。私達は何処にいても、何時でも、ここに戻ってくればいいのよ。」

みんな、来てくれてありがと〜★




2013年11月5日

今年のビーチ

今年のビーチクリーン&ヨガ終了〜!
写真やゴミの収集実績はヨガシャラサイトに載せたのでコチラから


今年に入ってからオーガナイザーのマイクと「このイベントっていつ始めたんだっけ?」って時々話してたんだけど、2人ともウロ覚え。。。
今回清掃工場からゴミ収集実績データが出たことでどうやら2009年かららしいってことがわかった。

最初の頃は朝やってみたり(暑くなる前の時間だと早過ぎてみんな来ない)
ヨガ後にゴミ拾いしてみたり(ゴミ拾いの頃には疲れてる、もしくはヨガで帰っちゃう)
試行錯誤だったな〜。
やり方が安定してきてからも
途中で雨が降り出したり
暑さで熱中症寸前だったり
強風で耳や目から砂がジャリジャリだったり
終わってトイレにいったらパンツから大量の砂が落ちてきたり(笑)
「あ〜今回は全然人来ないね。。。(悲)」なんてつぶやいたこともあったっけ。

でもマイクの意思は固かった。
「人が来なくても私達はやり続ける。そこに意味がある。」
「少しずつ少しずつ変えていく」
ほんとマイクには頭が下がる。力をもらう。
熱血トークが面倒くさいときもあるけど(笑)

今年の天候はスタートから大変だった。
4月は強風で寒くて、目を閉じて耳をふさいでじっと立ち尽くすだけで終わったっていう、この5年の中での最悪日。
夏は酷暑。
雨こそなかったもののビーチクリーンのご褒美ともいえる夕陽は毎月雲の向こう。
唯一夕陽のもとでヨガできたのは10月。

それでも今そのときが嬉しいからやり続けることができる。
ゴミ一個拾った達成感。
息を吸いながら空に向かって手を上げる一瞬。
そしてこれは気づきの連鎖なんだ。
みんなに広がればいい。

この1個のゴミを拾うことで広い世界は何も変わらないかもしれないけど、変わるかもしれない。




2013年10月31日

Abhyasa

酷い風邪にみまわれ先週火曜日は完全ダウン。
半日で回復したものの、この数日間は忙しさと病み上がりで息切れ状態。

そんな中、「ヨガシャラ3周年まつり」が終わりました〜。
声がガラガラでオープニングマントラは中止。
楽しみにしていたキルタンも押さえ気味にして、、、
「浮かれんなよ〜」って何かのお告げかのような。。。


3周年という感動的な中でも何かスッキリしないんですね・・・
自分の中の『イラッ』なのか『モヤッ』なのか。
奥〜の方の感情スイッチ、オン。
忙しくて少し横に置いておいてしまったかなぁ。
今日からまた1日1日を丁寧に。

『アビヤーサ、内なる実践とは自己の内側にゆるぎなく礎を定めるための努力である』
ヨーガスートラ 1−13


3年が過ぎたけど、実感としては本当にこれはただ1つの点。
小さな積み重ねで今日が来た。
場があってもそこに来てくれる人がいなければ成り立たない。
大きなイベントや祭りももちろん大事だけど、それ以上に大事なのはもっと小さな継続。
この祭り、今の時間に限らず
周りをとりまく全ての人や物に、感謝感謝です。















2013年10月7日

Wow Moment

さっきワォモーメントに遭遇。
昨日焚いたお香の灰が立ってる!
4本!!

2013年10月3日

気分上々ってユニコーンの歌にあったっけ?

いやいや「人生は上々だ」でした。
(若者にはわかんないよね・笑)

最後にブログ更新したのが8月で
気づけばもう10月。

ブログを書く(打つ?)のって何かを表現して人に伝えるという作業なわけで
大切なことではあるんだけど
世の中の情報過多に毒されて、毒づいて、書く気が萎え、、、
そんな気分じゃなければ書かなくてもいいんじゃないかって思ってたら
もうこんなに経ってしまった。。。

でも今日は気分上々。
久々の昼間オフ。
とっても素敵な時間を過ごしたので、書いてみよっかな〜って気になった。

朝はMちゃんとSurf Questでヨガニードラ&おしゃべり。
早起きは三文の得だね、まだ9時半。
その後、1人で公園に移動してセルフプラクティス。

平日の中田島は最高♪
そして今日のお天気も最高♪
人が少ないし、木々の緑はきれいだし、風は爽やかだし、太陽は眩しい☆
ヨガ後もゴロゴロしてたら草刈りのおっちゃん達が物珍しげに見てたなぁ。



Niralamba Sarvangasana
フリーハンドショルダースタンドで撮影


その後は55breadっていうパン屋さんへ。
この作り、この看板、いいかんじ。
お店へ入るときの板のステップが何故かインドを彷彿とさせる。




ランチは買って来たパンと朝入れておいたコーヒーをウチのベランダで。
チーズナンがうまい〜。
なるべく下を見ないようにして椅子に寄りかかれば、見えるのは隣のホテルのヤシの木。
音楽で道路の騒音をかき消して、読書でもと思いながらウトウト...zzz





午後は、、、ちょっと仕事して
いろいろ物思いにふけったり

子供の頃は毎日幸せで満たされてた。
それが大人になるにつれて理想と現実のギャップを感じ出して
もがいていた20代、自分を受け入れはじめた30代。
少しずついろんな物を手放してきてる。
40代50代は更に軽やかになるんじゃないかって気がしてる。







2013年8月21日

記憶

寸又峡に行ってきた。
仕事仕事〜!!って理由をつけて温泉に♡
来年のリトリートの下見が目的なのだ、へへ。

先に行っているマミさんとは現地待ち合わせ。
レッスン後に車を走らせて一路寸又峡へ!
おばあちゃんの妹が川根に住んでいるのと、子供の頃キャンプをするクラブに所属していた関係でこっち方面は何度か来てる。
音楽に合わせて大声で歌いながらの1人ドライブ。楽しい〜!

この道、この風景。
小さな頃のいろんな記憶がよみがえってきた。
心の奥〜の方に眠ってた記憶。

記憶①
この山道、、、車酔いで気持ち悪くなった道だぁぁぁ。
途中で車を降りて吐く私!

記憶②
大井川鉄道の駅と線路に沿った道。
多分小学校高学年くらいかな。。
キャンプクラブの帰りに1人電車に乗り、途中の地名駅で両親と待ち合わせをしたのだが
地名で下りるのを忘れてて、両親が車で電車を追いかけて来た。
焦る私!!

記憶③
寸又峡のつり橋。
足下の板の間から見える水面がすっごく下で、怖くて泣きそうな私!!!

記憶って不思議だ。
長年思い出すこともなかったのに、奥の方から出て来て、しかも画像も鮮明に出てくる。

記憶②は間違っていることが判明した。
実家に帰って確認すると電車を下り忘れたのは弟。
低学年組の弟は私より先に解散で早い電車に乗って帰った。
高学年組の私はその後の電車に乗ったので、弟のトラブルの現場にはいなかったんだけど、後から聞いて画像が頭に焼き付いたらしい。
画像だけじゃなく焦る気持ちも記憶されている。
え〜!私じゃないの?ってびっくり。

記憶③については、、、
今回つり橋を見て思ったのは、あれ〜?こんなに低かったっけ??
こりゃ楽勝じゃん。
って思いながら渡り始めたけど、やっぱ怖い〜!!!
それが、実は子供のときに渡ったのは塩郷(寸又峡の手前)のつり橋だったらしい。。。っていう適当な記憶。
まあこれはそんなもんだね。子供だからね。

なんとなく子供の頃を懐かしみつつ、たっぷり温泉を堪能、自然満喫。
私の短い夏休み。
ぢゃない、仕事仕事!




2013年7月22日

Redemption song

友達の車の中で、久しぶりにRedemption songを聞いた。
ボブ・マリィの曲はたくさん好きなものがあるけど、これがイチバン好き。
心に響いて泣きたくなるんだよねぇ。

解放や自由の歌だけど、Redemptionは贖罪って意味もあって、私には自分の中にある罪悪感からの解放の歌に思える。

自分が長いことフタをしてきたguilty feeling・罪悪感。
何年か前に、やっとそれと向き合うことができたとき、たくさんの涙と一緒に心が解放された気がした。

でも潜在意識の中に眠ってたものは根強くて、まだときどき顔を出す私のguiltyくん。
その度に「あー、まだいたんだねぇ」って(笑)
認めてあげて、また少し手放して。

Redemption songを力強く歌えるようになったときに、本当に今までの自分から解放されたっていう、自由の歌になるんだろうなー。





2013年7月16日

受け取ること、繋ぐこと

占いって、若いときは見たりしたけど、年を重ねるごとにどうでも良くなってきた(笑)
それが、あるヨガインストラクターからの情報でコレを見てみたら結構面白い。
占いっていうより生き方のヒントってかんじ。

筋トレ (なぜタイトルが筋トレなのかはギモン)


今年の私のテーマは、自分の意思で選んだものではないものを受け取り、その価値や力を用いることらしい。

確かに、今習ってる着付なんて自分の意志とはなんか違う気がするけど、母や祖母の着物を着たりすると何か目に見えないものを受け取っている気がする。
それが、日曜日にやった「布ナプキン座談会&子宮のためのヨガニードラ」のワークショップにも繫がっていた。
(着物の所作ってのは布ナプキンや子宮の話の本にも度々出てくる)

命について考えさせられることが、このところ多い。
肉体がなくなっても生きている間に感じた意識?魂?は確かにあったわけで
それはどこに行くんだろうとか
体は自分の生きる目的を表すために与えられたものなのかな〜とか。


生命も呼吸も、もとは自分の意思とは関係なく与えられたもの。
身体を通して今を生きる機会を与えられたことに感謝しようと思う。
私は次の命を産むという形でそれを繋ぐことはできてないけど
ヨガ(それは生きることそのもの)という形でそれを繋ぐことをしているんじゃないだろうか、とも思う。


日曜日のワークショップ。
生命の源、子宮との対話の時間。
女だけの秘密の会みたいな(笑)、、普段は話さないようなことをアレやコレや。。
チムグスイの七重さんが暖かく明るく全て受け止めてくれる雰囲気を作り出してくれた。
そんな中、みんなオープンに話してくれたことに感謝。

楽しい会になった〜★









2013年7月13日

和歌山ラーメン七星

数年ぶりにラーメンを食べに行ってみた。
富塚の『七星』。

ラーメンに興味がないもので、、、最後に行ったのもここ。
ここの店主の中ちゃんは、以前公民館でヨガをしていたときのメンバーなのだ。
久しぶりにヨガ後にみんなで行って、驚かせようってことで。

営業時間はこんなかんじ。
9:50頃って・・・ウケる。
細かいんだかアバウトなんだかよくわからない(笑)



ヨガの後、夜10時にラーメン!!
それってどうなの?って感じだけど、まぁ数年に1度のことだ。
翌日の胃もたれと顔のむくみは覚悟のうえで。

私のために特別に作ってくれた「チャーシュー抜きネギ増量ラーメン」。
ここのラーメンはとっても美味。
普段ラーメン食べない私も美味しいと思うし(説得力ない?)
ラーメン通の人達も絶賛するから間違いなし!!




ゼリーのサービスが付いたり、調味料が各テーブルにいろいろ置いてあったり
その他にも所々に中ちゃんの誠実かつ妙なズレ感のあるツボにはまる面白さを感じられるお店。

壁にはヨガシャラのフライヤーを貼り続けてくれていた。
その後ろには公民館のときのものも。有り難い。

みんなでワイワイおしゃべりと、久しぶりの中ちゃんのボケっぷりに元気もらった〜★


2013年7月1日

最初のメールから17ヶ月に

Lisaが帰っていった。
昨日は送別ランチピクニック。



2012年2月の初め。
私がリトリートを終えてインドにいるときに知らないスウェーデン人から突然メールが来た。
今思うと、それはMaaからの素敵なサプライズギフトだった。
それから3ヶ月後にLisaは我が家から歩いて5分のところに越してきた。

そこからの1年は私にとってはタフでいろんなものを乗り越えなくちゃいけない時間になったんだけど、Lisaの言葉は心に響くことが多かった。
私のつたない英語と、Lisaにとっても母国語ではない英語だけど、お互いわかり合えるのは同じスピリットを持っているからだからかな〜と思う。

Lisaは自分が人生において実現させたいことをちゃんとわかっていて、それを引き寄せる力を持っていると思う。
浜松に来ることが決まって、ヨガをしたいと私にメールをくれたのもそう。
自分がやりたいことに対してちゃんと意識を持って向かっている。
たとえそれが今すぐ実現できなくても、いつか来ると大きな心でいるようなところがある。

歩いて5分のところから遠く離れるのは寂しいけど、浜松にLisaが来る前みたいにまたいっぱいメールすればいいし、またいつかどこかで会うはず。

この地球上にいっぱい人がいる中で、私を見つけてくれてありがとう〜★

2013年6月30日

チムグスイさんとのコラボ♡

前回の投稿の続きのような感じですが、、、

チムグスイの七重さんが先日のヨガニードラのクラスのことをブログに載せてくた。

http://chimugusui.blogspot.jp/2013/06/blog-post_1639.html


自然体でいろんな気づきを持って生活している七重さんの感想。
とっても嬉しいし、ちゃんと受け止めて次に繋げたいなと思う。

七重さんとのコラボワークショップ『布ナプキン座談会&子宮のためのヨーガニードラ』は残席1名!
興味がある方はお早めに★


2013年6月17日

スイーツでお腹大満足の次の日の朝に思うこと

チムグスイさんの精油やマッサージオイルをシャラに置いていただくことになり
七重さんが商品を届けにやってきてくれた。

先週のヨガニードラのクラスに出てくれた七重さん。
とっても嬉しい感想をいただいた。

「ヨガニードラのあと、道を歩いていて幸せが内側からこみ上げてくるのを感じたの。多分それはサリちゃんのヨガニードラは私達を何処へ連れて行こうとかじゃなく、ニュートラルな状態でガイドしてくれるから。」

ヨガニードラは、受ける人それぞれの潜在意識に働きかけていくもの。
幸せや喜び、悲しみや怒り、楽しいことだけじゃなくて辛いことも。
何が正解っていうのはない。
私のガイドでどうこうしようとするのじゃなくて
みんなが内側にあるものに働きかけられるように
安心して出すことができるようにしていきたい。

そう思ってヨガニードラの準備をしてきたから、七重さんの言葉は嬉しかった。


昨日は『ヨガウーマン』のDVDを観た。
自然と繋がり
自分の内側の自然とも繋がり
周りと比べるのではなく
周りに流されるのでもなく
幸せは自分の内側にあることに気づいていく。
ヨガを通じてメッセージを送るドキュメンタリー映画。

映画の中でアメリカのヨガインストラクター、ショーン・コーンが言っていた。
「ヨガで生活していくと決めたとき、ママに言ったの。金銭的には楽じゃない。でもママ、私はとっても幸せになるのよ。」
そして最後に大観衆に呼びかける。
「To Unite! To Unite! To Unite!!(繫がる!)」

ヨガと出会ったことだけでも幸せだけど
プラス、ヨガの教えをシェアすることができて、更に幸せ。

今朝もらったメール♥
「またもっとヨガが好きになりました。」




昨日はシャラに小さなスイーツ屋さん登場!
元気玉、ヘンプシードクッキー、オートミールとナッツのクッキー、チャイ、シードル。

2013年6月12日

ふたつサプライズ

先週はうれしいサプライズがふたつ。

ひとつは今イギリスにいるMちゃんからのハガキ。
Eメールでやりとりしてるから、ハガキが届くなんて思いもしなかった。
手紙っていいね、ポストを開けたときのアノ感じ。
遠くからはるばる来てくれたんだね〜って感慨深い。
向こうでの様子はメールとブログでなんとなくわかってて
(イギリスでのヨガ体験とかね)
そのうえ手書きのものが届くってのは距離の遠さと心の近さを同時に感じる。




もうひとつは東京からHさんの突然の訪問。
Hさんと一緒にリトリートに参加してくれた浜松メンバーもクラスに来てくれた。
ってか内緒にしてたってことか。
こんな中途半端なところに位置する浜松にまさか本当に来てくれるなんて。
いやはや、びっくりと感激とでクラスの最初の小話がぶっとんだ。
ちゃんと連絡を取り合って繋げてくれたことにも感謝。






お土産にもらったフランボワーズ風味のカシューナッツの甘酸っぱさのように
胸キュンなサプライズ週末でした〜。



cameranというアプリのデリシャスモードで撮影!
見るだけで口の中がキュンキュンするよ〜。


2013年6月4日

ヨガニードラ

今度の日曜日、私がガイドする側の初の公式ヨガニードラクラス。
(非公式、インストラクター仲間への開催はとっても勉強になりました!)
楽しみだな〜。

ヨガニードラは仰向けで体は寝ているけど意識は起きている状態。
夢うつつ〜〜♥の中でガイドを聞きながら潜在意識に働きかける。
良い感じにハマればすごくリラックスできる。
寝ちゃうこともしばしばだけど。
イマイチのクラスも過去にはあったなぁ(笑)
最高だったのは、リシュケシュで受けたクラス。
先生の声が心地良過ぎ。
終わった後に体が超スッキリでビックリしたっけ。

そして内側の変化。
ヨガニードラの中ではサンカルパ・自分の決意を唱える。
決意を自分の中に植え付けていく作業。
この効果がすごく大きいのはすごく実感する。
昨年末に受けたトモちゃんのクラスの後もそう。
ちょっと気持ちが弱くなりそうなとき、どうしようって尻込みしそうになるとき
ムクムクと思い出すんだな〜、自分の決意。
すぐに実行できなくても大丈夫。
思い出すだけでほんのちょっと変わる。
奥深くに根づいているからそんなことが度々あって、ちょっとずつちょっとずつ変わっていく。

変わる可能性は内側に持っているのだ!






2013年5月31日

ヨガウーマン

トランスフォーメーション『変革』 

癒しとしてのヨガがよく言われるけど
もちろんそれも大きな効能なんだけど
ヨガって自分の可能性を広げていく、そのツールになるってことをあまり知られてないんじゃないかと思う。

変わる可能性を私達はみんな持っているのだ!





2013年5月17日

あおむし



2013年5月11日

リトリート&ワークショップのオフショット

オフショット公開!

リトリートでははなえちゃんと宿周辺を探検


宿の裏の壁に可愛い植物




これもカワイイ〜




おうちから持参したガネーシャ




川沿いを探検中に車を発見!





はなえちゃんキュート写真♡




懐かしい雰囲気の吊り橋




何の花かな??





かわいこぶりっこショット。。。怖い




レンゲ畑




梅の実


川に癒される





よくわからない仕組みの流し




シカの頭がぶら下がってる民家




春です




浜松ワークショップ前日にピーターと浜松祭りの凧揚げを見に行ってきた


遠州浜の友人の家から自転車で





風が強くて凧日和




旗の文字に「cool!」とはしゃぐピーター





おじさん達がんばってます




東京からあさこちゃんとはなえちゃん到着!!



ご飯を撮影する2人




ワインチェックのピーター



 

正座でお行儀良く撮影のごはんタイム



今日のメニューはベジ手巻き寿司☆





巻き巻き〜、超真剣!




我が町の屋台と遭遇




みんなで料理 合宿みたい




朝ごはん 野菜もりもりっ








写真鑑賞 お付き合いいただいてありがとうございます。